TwitterLineFacebook

可愛いリボンが描きたい 🎀

普段使うノート手紙から、色紙の寄せ書きやメッセージカードなどを、さらっと可愛く装飾できるリボン描き方アイデアをまとめました 💗
わかりやすいGIF動画付きですので、イラスト苦手な方でも安心です ✨

 

 🎀 基本編 🎀

極細ちょうちょ

↓描き方↓

上の輪っか部分は、細長く描くと大人ガーリーな印象に、丸っこく描くとファンシーで可愛い印象になるのでお好みで調整してくださいね ✨
シンプルなので、絵文字感覚で小さく描くと可愛いですよ 💕

 

かっちりリボン

↓描き方↓

可愛いリボンというとついつい丸っこく描いたりリボンの先をくるんと丸めたりしたくなりますが、わざと直線だけで描いても可愛いです 💓
ピンと伸びたリボンは、しっかりした質感を演出してくれます 🐰

 

ひらひらリボン

↓描き方↓

先ほどとは逆にふっくら描くことで、柔らかそうな質感に早変わりします 💗
真ん中の結び目を小さめに描くと、ぎゅっと結んだリボンがひらりと広がっている様子が上手に描けます 🎀

 

中くらいのリボン

↓描き方↓

リボンに立体感を出すだけで簡単にイラストとしてのクオリティーがアップします ✨
全体のリボンの太さが均一になるよう意識して描くことがコツですよ 🎀

 

細めのリボン

↓描き方↓

大人ガーリーが好きな方は細めに描くのもおすすめです 💗
輪っか部分を、ただ丸を2つ描くのではなく、リボンの表と裏に分けることで立体感のあるリボンに仕上がります ✨

 

 🎀 応用編 🎀

二段重ねリボン

↓描き方↓

小さいリボンを描いてからバランス良く大きなリボンを描き足して、リッチな印象にしてみるのも可愛いです 💓
それぞれのリボンを違う色で塗るのもおすすめです 🎀

 

ダブルちょうちょ

↓描き方↓

立体感を出したリボンを重ねると、さらに厚みやふんわり感のあるボリューミーな雰囲気になります 💓
お手本のようにリボンを上下に少しずらすとおしゃれに描けますよ 💗

 

タイトルリボン

↓描き方↓

タイトルや見出しの装飾によく見るこのリボンも、実は簡単に描けるんです 💓
1本のリボンを折り曲げていることを意識して、手前と奥の太さが変わらないよう気を付けてくださいね 🌟

 

ラッピングリボン

↓描き方↓

くるくるとカールしたリボンも、描き方を覚えれば難しくありません 🎵
カールの向きを左右対称に描くことが可愛く仕上がるコツです 💓
カールの数はお好みで変えてくださいね 🎀

 

プレゼントリボン

↓描き方↓

線をくねくねと交差させることで、リボンがゆるやかにねじれている様子を表現できちゃいます 💕
ひらひらの部分をもっと伸ばせばリボンのフレームに応用できますよ 🎀

 

(おまけ)ラファリーリボン

↓描き方↓

Lafaryのロゴマークもリボン♡というわけで描き方をご紹介しちゃいます 😋
意外な書き順だなと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?
“かわいい”がリボンで繋がって大きな輪になるイメージのデザインです 💕

 

応用次第でいろいろ描けちゃいます!

リボンを伸ばしてみたり、増やしてみたり、組み合わせてみたり…… ✨
この記事を参考に、ぜひお気に入りのリボンの描き方を見つけてみてくださいね 💕

TwitterLineFacebook