TwitterLineFacebook

スポンサードリンク


缶バッジロゼットの作り方講座🐱🌟

オタク活動をもっと可愛く華やかに♡

オタク活動をもっと可愛く♡缶バッジロゼットの作り方講座

アニメおたくのさん定番のグッズ「缶バッジ」🐱
推しの顔がいいから買っちゃったけど、なんだかイマイチ使い道がない…。

スポンサードリンク


そんなときは、かわいくロゼットにしちゃいましょう🎀
本記事ではそんなロゼットの使い道を写真つきで細かくご紹介いたします♡

📍ロゼット作りに必要なもの

・仕切り板(4cm):今回はセリアさんで売られているものを使用しました!
・マスキングテープ
・コンパス
・紙
・フェルト
・綿
・太さ2.6cmのリボン
・太さ1.6cmのリボン
・糸
・針
・グルーガン

①仕切り板でリボン編み機を作ろう!

(1)仕切り板の準備

半分にした仕切り板を2個、2個連なっているものを3つ、1連のものを2つ用意しましょう!

(2)仕切り板を合体させる

まず、仕切り板(半分)に、仕切り板(1個)を乗せます。
もうひとつの仕切り板(半分)も同様にします!

今度は仕切り板(2連)を合体させる作業です🌠
画像のように3つ並べて、マスキングテープでくっつけます!

できあがった仕切り板はこんなかんじ🐰 ↓

今度は全部の仕切り板を合体させる作業です💐

作った仕切り板(半分)+仕切り板(1連)と仕切り板(2連)3つを以下画像のように
マスキングテープでくっつけます!

そして、もうひとつの仕切り板(半分)+仕切り板(1連)で仕切り板(2連)3つを挟むようなかたちにします!
挟む際は、お互いの板が互い違いになるようにしましょう🐱(画像参照)。

さらに動かないように横などもマスキングテープでしっかり固定したら、リボン編み機は完成です🎊

②フェルトで缶バッジの後ろを作ろう!

(1)紙で型紙を作る

紙にコンパスで3cmと4cmの円を書いて、その円をはさみで切ります🗡

(2)フェルトを切る

型紙を合わせてフェルトを切っていきます!

③周りのフリフリを作ろう!

つぎは合体させた仕切り板を使って、リボンを編んでいきます🎀

(1)リボンを編む

リボン編み機にくねくねに2.6cmのリボンを通していきます(画像参照)。

スポンサードリンク


全部通すと以下のような感じになります✌️

(2)リボンを縫う

お次は針と糸を使ってリボンを縫っていきます!
リボン編み機から少しリボンを上に引き出して、留めるように縫います。

縫いおわったらこんなかんじになります🌸↓

そしてリボン編み機からリボンを引き抜きます📍
そうすると端っこが留まっていないので、ここを縫って留めていきます!(画像参照)

 

端っこまで縫いおわるとこんなかんじです!↓

(3)1.6cmのリボンも同様の手順で

いま説明した工程で1.6cmのリボンも同じように作ります🐶

④ロゼットの形にしていこう!

お次はいよいよロゼットのかたちにしていきます🧸

(1)フェルトとリボンを留める

半径4cmのフェルトに2.6cmのリボンをグルーガンで留めます!(画像参照)

その上にさらに2cmのリボンをグルーガンで留めます。
そして半径3cmのフェルトを留め、その真ん中にわたを入れて、それもグルーガンで留めていきます🐱(画像参照)

(2)最後の仕上げ➡︎完成!

仕上げに足のほうにリボンを付けたりしたら完成です🐥 🎉

ひと手間かけてオタク活動をもっと豪華に🥂

慣れてくれば簡単に作れます♡

手順だけみると少し難しそうに見えますが、慣れればスイスイ作れるようになりますよ🍒

これひとつあれば、生誕祭や写真をとるときに格段に豪華になるので、ぜひお試しあれ♡

オンラインショップはこちら♡

lafaryshop
TwitterLineFacebook