TwitterLineFacebook

🎀A3フリルピローバッグ🎀

free pattern download! diy how to make kawaii frill bag

リアルなクッションのような曲線と、ぐるりと周るフリルが特徴的なフリルピロートートバッグの作り方をご紹介いたします💕(記事下に無料型紙もあります🐻💕)

🍒必要なもの🍓

布(おもて地・裏地・キルト芯)
飾るもの
ミシン糸(60番)
アイロン・アイロン台
定規・チャコペン
裁断ばさみ・糸切りばさみ
机・ミシン
マチ針・ピンクッション
手縫い針

フリルバッグにおすすめの布は、フリルがふんわりできるしなやかな布です。

ビロードサテン・シャンタンなどがお手頃価格です💗すべりやすく縫いにくいときは、しつけ糸で手縫いをしてからミシン縫いをするときれいにできます🐻

💗作り方💗

1.🍓布を裁断する

アイロンが必要な布はアイロンで地直しをしてから、型紙に合わせて裁断する。

ノッチ(印)をつける。

バッグ本体の表&うら、裏地の表&うら、フリルの縫い代にノッチをつけます。

星の部分はあとでフリルを付けるときに、月はハンドルを付ける位置、ハートはバッグの脇の縫い止め位置です。

2.🍓フリルとハンドルを作る

小さなパーツをまず作ります。

フリルは、輪にします。4mの長さの輪の布を2つ折りにして粗目にミシンをかけてギャザーを寄せ、糸を1本引っ張ってフリルにします。

4mの輪の布を1m60cmくらいまでギャザーを寄せます。

ハンドルを作ります。布を外側から3つ折りにします。

布のきわから5mmの部分にミシンでステッチ縫いをします。

すべりやすい布はズレないよう、ゆっくり縫ってください。

3.🍓バッグ本体にハンドルをつける

ハンドルをつける位置のノッチ(印)に合わせて、ハンドルをつけます。

ハンドルの縫い代を、バッグより1cm長めに合わせてつけます。

縫い代1cmのできあがり線からでないように、縫い代5mmで縫います。

4.🍓フリルをつける

ハンドルを付けた上に、フリルを重ねてつけます。フリル用のノッチ(印)を合わせ、均等にしつけしていきます。フリルとハンドルをバッグ本体と一体化させます。

(拡大図)

ギャザーの布のシワがきれいになるよう角は細かく、布とフリルの位置がずれないよう合わせます。

フリルがひらひらしていると巻き込んで縫いやすいので、動かないように仮止めするのがおすすめです。布に跡が残らない程度にします。

5.🍓裏地とバッグ本体を合体する

最後の組み立てをします。底→開け口→サイドの順で縫います。

①まず、底を縫います。おもて地と裏地、それぞれの底を縫います。

中表に合わせて、丸い角の近くのノッチ(♡印)からノッチまで、バッグの底部分をミシンで縫い代1cmで縫います。

角は丸くて縫いにくいので、縫い目を3目ずつ止めて方向を変えながらていねいに縫うときれいにできます。

②次に開け口を縫います。

底を縫った表地と裏地を中表に重ねて、開け口を縫います。

ハンドルの近くのノッチ(♡印)からノッチまで縫います。

ハンドルの縫い代に厚みがあるので、ミシンで縫うときにゆっくり気を付けて縫ってください。

フリルの縫い代がもこもこ厚みがあり、ミシンで縫うときにズレやすくなるので、薄い布を下にしてミシンで縫ってください。

バッグの底と上の部分を縫えたら、サイドに横の部分を縫います。

③さいごに、サイドを縫います。

縫っているバッグの向きを変えます。おもて地と裏地同士が中表に合わせになるよう動かします。

各4カ所のサイドを縫います。

1か所だけ、バッグを裏返すときに布を引き出す穴を縫わずに開けております。

6.🍓ひっくりかえす

裏地のサイドの開いている穴の中から、バッグを引っ張り出します。

開いている穴を縫います。

この作り方で、バッグのあけ口がきれいに作れます。

裏地をバッグの中に入れて、できあがりです✨

バッグの空き口にアイロンをかけます。ファスナーをはさんで縫ったり、スナップボタンなどを付けることもできます。

↑おもて

↑うら

👜無料ダウンロード型紙👜

楽譜やノートパソコンが入るサイズの裏地ありフリルバッグが作れる型紙です。

通学バッグレッスンバッグにちょうどいいです💞

バッグの実寸大型紙🍒

↓A3サイズで印刷してください。

A4サイズ分割印刷

線に合わせてつなげてください。

簡単かわいいフリルバッグの作り方ハンドメイド

学校やレッスンバッグに手作りしてみてね💗

TwitterLineFacebook

1コメント

Comments are closed.